$B%"%K%a(B
TOP$B$KLa$k(B
$BEvE9$K$D$$$F(B
$B;\9)Nc(B
$B%j%T!<%?!<$NJ}!9(B
$BIU6aCO?^(B
$B4IM}?M$N$\$d$-(B
sitemap
$B4IM}?M$K%a!<%k(B

基礎工事について(補足)

TOPページでの基礎工事(鉄骨造)について補足説明致します。

  1. TOPぺーじの写真(上)

  1. 捨てコンクリートを施工した写真です。
  2. 地墨を打ち基礎形状を予定する。

  1. アンカーセットした写真(下)

 
  1. ベースパックといい旭化成と岡部が発売している柱脚
  2. 施工する側から言えば
    アンカー位置がずれにくい、鉄骨柱の柱の立ち起こし(垂直度)を直しやすいです。
  3. 設計する側から言えば
    大臣認定工法なので、柱脚についての構造計算が楽です。
  4. 総合的には、材料・施工的品質が安定しますのでよく使います。
  5. 似たような物で日立のハイベースと云うのがあります。
  1. 配筋の様子

  1. 地中梁を形成させます。
  2. ベースパック工法では、柱部分の大きさが決まっています。 
  3. この時点で公的機関の検査があります。最近では、写真だけでなく見に来ます。
    (財)住宅保証機構の検査もあります。
  1. コンクリート打設の様子

  1. 私の場合コンクリート打設日が決まってしまうために、写真取る間が無くなります。
  2. 仮枠を外側より取付
  3. 木造用基礎の時は、土台用アンカーをセットする。
    意外と他店では少ない
  4. 耐圧版(ベース)の高さ分仮枠を浮かせて内枠を取り付ける。
  5. ポンプ車にてコンクリートを打設施工する。
  6. 上の写真は打設直前
    下の写真は打設直後(TOPページの写真)
  7. 普通他店では、コンクリートを2回に分けて打設する。
  1. 基礎の完成

  1. 仮枠をはずす。
  2. 排水工事と共に、内側を地上げする。(写真右)
  3. 柱脚部にグラウトまんじゅうを作る。(写真左下)
  4. 鉄骨の建直しがしやすくなる。
  5. 鉄骨を建てる。(写真右下)
  6. 柱脚と基礎部の隙間をグラウトで埋める。
  7. 壁用の基礎を作る。
TOP
当店について
施工例
リピーター
の方々
付近地図
NEW施工例
サイト マップ
管理人にメール
リンクフリ−です。
内部記事の転載は、禁止致します。
© 西敏建設・kensetu.biz
鉄骨造の総堀
ベースパック据え付け
基礎梁の柱鉄筋の確認
基礎梁鉄筋の確認
基礎配筋全体の確認
仮枠工事前の配筋確認
基礎ベース・立ち上がりを一度に施工
コンクリート打設前(ポンプ車ホースが見える)
鉄骨工事前地上げ
グラウトまんじゅう
建て方中